<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

鳩山新首相は改憲論者

 鳩山首相は、改憲論者であるということを知った。よく調べてみなければなるまい。
[PR]

by reodaisuki1s | 2009-09-27 23:56  

憲法改正はどうなるか

 去る8月30日に、衆議院選挙が行われ、民主党が308議席を獲得し、自民党が惨敗したことは、言うまでもないことである。
 このことによって、憲法改悪の気運は遠のいたと言えるだろう。朝日新聞などではアンケートの結果を公表していて、それを読んでいると当座は、心配なさそうである。社民党が民主党と連立政権に加わるということだから、改憲はさらに困難となったろう。
 しかし、9条を変えたいというのは保守層の年来の願いだし、改憲要件の緩和については、財界も願っているであろう。民主党政権が長期化し、当面の経済問題などをある程度解決できたら、とりかかる可能性もある。そして、一番懸念されるのは、世界で戦争が勃発したときのことで、そのときにはまた9条のことが問われるであろう。しかし、オバマさんがアメリカの大統領の間は、少しだけ安心な気がする。なかなか、読めなくなってきたということがある。新しい時代が始まってきたという気がする。しかし、キリスト者のわたしとしては、政治では決定的に新しいことはできまいという思いをますます強く抱くようになっている。
 しかし、自民党が、新憲法草案をまとめたということは、自民党もいよいよ終わりに近づいていることの証しだったのかもしれない。長く、政権を任されていたからこそ、あのような新憲法草案をつくることができたのであるが、あれを読むかぎり、新しい時代を切り開く力はなかった。古いものを求めていたのである。あの新憲法草案を検討しながら、次第にわたしが思うようになっていたのは、実に自民党というものがどういうものであるかよく現している草案だということであった。わたしには、自民党がどういう政党であるか、ある一定のイメージがあったが、新憲法草案を検討する中で、自民党の思想とでもいうべきものが、一定の言葉で言い表すことができるようになっていったのである。自民党は結党50周年で、自らのアイデンテティーを新憲法草案で言い表し、そうした自己証明をしつつ老い、滅びに向っていたのである。
[PR]

by reodaisuki1s | 2009-09-03 14:03