新憲法草案注解  前文、13条 と20条

ここで、自民党の新憲法草案全体について論じておこう。
 私は、ここ2年近く、自民党の新憲法草案について吟味し、考えてきた。
 そして、最近考え始めたのは、自民党新憲法草案の根本問題は、ただ現行憲法の平和主義の否定だけでなく、現行憲法に国体の精神が注入されようとしているのではないか、ということである。
 「国体」と言っても、このコラムを読まれている方の多くがご存知ないかもしれない。ここで言っている「国体」は国民体育大会のことではない。いわゆる「天皇制」のことである。
 ここで詳しいことを論ずることができないが、「国体」の精神が、新憲法草案の前文にも、13条にも、20条にも侵入しているのではないか。「国体」と人権の考えは、決して相容れないのではないか。
 昨日、20条の会という、浄土真宗の僧侶とキリスト教の牧師が発起人の会に参加して、そこで行なわれた議論を聞きながら、思いはそこに至った。
 先の大戦のとき、日本の支配者たちが、ポツダム宣言を受諾するかどうか苦慮していたとき、問題は国体を護持しえるかどうかということであった。
 結局、国体は護持されてしまったのだと思う。現行憲法は、国体を基本的に排除する思想を持っているが、結局、1条から8条までの天皇条項によって、国体は維持されてしまったのだと思う。
 しかし、自民党の案は、凍結されていた国体が、憲法の中でもうごめき出した気味悪さを感じさせる。ほとんど寄生虫のようなものだ。私は、とても「国体」を美しいものとは思えないのである。
[PR]

by reodaisuki1s | 2007-09-08 21:28 | 憲法「改正」問題  

<< 新憲法草案注解  お休みのおことわり 新憲法草案注解  (信教の自由... >>